カテゴリ:山本麻貴( 13 )   

いよいよ   

いよいよ
明日より五條楽園歌舞練場に劇場入りします!

ここまで長い道のりでしたが
あっという間でもありました


試演会とは
ひと味もふた味も違った作品になっております
歌舞練場で本番ぎりぎりまで
磨きをかけて
みなさまにお目に掛けたいと思います

ご来場心よりお待ち申し上げております!

写真は
試演会の模様です
c0144613_838124.jpg

[PR]

by wanpa-blog | 2009-01-18 08:30 | 山本麻貴

情報掲載 L magazine最終号   

c0144613_3123281.jpg

只今発売中のL magazineに
今公演の情報が掲載されております

L magazine 2月号
なんと、最終号なのです

「創刊から31年、
エルマガジンは、
関西のカルチャーを追っかけ発信してきました。
(中略)
雑誌の未来を信じながら
エルマガジンは今月で休刊します。」

とあります。

関西の小劇場演劇を
おしゃれに紹介してくださっていたエルマガには
私どもも今まで本当にお世話になりました。
L magazineが無くなってしまうのは
個人的にも
とても寂しいものが有ります

ワンモア・ステージというコーナーで
今回の公演をオススメとしてご紹介頂いております。

また、復活して、
私達を楽しませてくれることを祈りつつ…
みなさまぜひお手にとってご覧くださいませ

饒舌な秘密へのご来場も心よりお待ちしております
[PR]

by wanpa-blog | 2009-01-15 03:14 | 山本麻貴

情報掲載 SCRAP   

c0144613_3293511.jpg

みなさま
SCLAPというフリーペーパーをご存知でしょうか?

京都全域、大阪・滋賀の一部 の
レコード店、スタジオ、カフェ、アートショップ、ライブハウス、
大学・専門学校などに配布されている
オールカラーのおしゃれなフリーペーパーで

毎週水曜日25:00にはα-STATION(FM89.4MHz)で
フリーペーパーSCRAPのラジオ番組「RADIO SCRAP 」として
ラジオがオンエアされていたり、
イベントを主催したりと
京都でもっとも熱いフリーペーパーに
WANDERING PARTYの饒舌な秘密を
ご紹介いただきました

SCRAP
2008年12月1日 第26号
特集 「図書館の楽しみ方」
http://www.scrapmagazine.com/home.html

ぜひ
お手にとってご覧くださいませ

ご来場お待ちしております


 
[PR]

by wanpa-blog | 2009-01-14 03:31 | 山本麻貴

情報掲載 ぴあ   

c0144613_2584246.jpg

只今、発売中の
ぴあに、今公演の情報が掲載されております


関西版ぴあ1/22発売
Stage 演劇・お笑いのピックアップページに
試演会の舞台写真とともに掲載されております

五條楽園歌舞練場の劇場入りにむけて
試演会を受けて練り直した作品を鋭意制作中です

みなさまのご来場心よりお待ち申し上げております
どうぞよろしくお願い申し上げます
[PR]

by wanpa-blog | 2009-01-10 02:59 | 山本麻貴

試演会写真   

c0144613_1671925.jpg


なんだが
他の記事と前後しますが…
遅くなりましたが、
12/14の試演会、無事終了致しました
本当に多くの方にご来場頂き誠にありがとうございました

また座談会でも
多くの方に参加頂き、
活発なご意見をいただけました。
本当にありがとうございます!

只今、
試演会を踏まえて
本公演にむけた作品を鋭意制作中でございます
クリスマスなんていらないくらい
日々が稽古です。
[PR]

by wanpa-blog | 2008-12-20 00:00 | 山本麻貴

五條楽園歌舞練場にて稽古   

c0144613_7192814.jpg
今回の京都公演の会場になる
五條楽園歌舞練場をお借りして稽古致しました

試演会を目の前に怒涛のような準備と稽古の日々を過ごしておりますが
会場に入ると
場の力といいますか、非日常な空間に、ぼうっとしてしまい
またもや
写真を撮り忘れてしまいました…

なので
一年くらい前に会場下見に行った時の写真を貼ります!


ほんと、千と千尋の神隠しの湯屋のような
日常から、異世界の迷い込んだ錯覚を覚える場所なのです
思わず写真も撮り忘れるのも止むを得ないかんじなのです

この日は、新聞社の方に取材にも来て頂きました
また掲載が決まればご報告させて頂きます

そして、
12月14日はとうとう試演会です!
試演会では、
実験的な演出も試してみたり…と
本公演への製作過程になりますが、
是非ご覧頂いて
みなさまのご意見を頂く事が出来れば幸いです
[PR]

by wanpa-blog | 2008-12-06 23:59 | 山本麻貴

公演成功祈願   

しまった
私は、土曜日の担当だということをすっかり失念しておりました。
もう最新ページにも記載されない時期ですが、
日付をごまかしてアップすることにしました
もう誰の目にも触れないと思いますが、
自己満足のために一応書きます。

最近、私は、
所用で、毎日上賀茂神社の近くに通っております。
なので、ついでに公演の成功祈願にお参りしてまいりました。
上賀茂神社には、行くだけで
浄化されそうな不思議な力がある感じがします

c0144613_4465644.jpg

[PR]

by wanpa-blog | 2008-11-28 23:59 | 山本麻貴

その玉座に座るのは誰だ   

c0144613_3252125.jpg

今回の金本のブログをお読みになって
みなさま、薄々お気づきのことかと思いますが、
今回の『饒舌な秘密』は”王様”がキーワードです。
王様は王様でも、
偽の王様です、偽王です。
『偽王追放の奉納劇』と企画書に書いてあります。

誰か適当な奴を王様に奉り上げ、
散々神輿をかついで、
何か問題が起きたら
すべてそいつのせいにして、一件落着。
なんて方法は、
どこの世界でもありそうな身近な怖い話ですが、
そんな気の毒な王様を奉納しようという劇です。

今回の王様のモチーフは、
みなさまもよくご存知のあの元社長ですが、
それは、今公演のチラシの裏のあらすじをご覧頂いて
ああ、あの人か! と
推測して頂くとして、

先日は、
俳優の中から王様を決めるエチュードをしました。
エチュードとは、即興劇のことです。
俳優のアドリブで、お芝居を作るのです。

萩原君がアホで幼稚な王様で
残りの俳優は皆、次の王様になりたくて仕方ない側近たち

という前提で
側近達が国を良くする事を名目に会議をします。
そして15分の休憩(いわゆるロビー会議:実は会議の行方はここで決まるらしい)を経て、
再び会議を開始。
最終的には自分以外の人間に投票して決めようという話に落ち着きました。

皆、会議では、建前を振りかざしながら、
休憩中に、根回しをする者あり
本音を探りだそうとする者あり、
各々、知略を張り巡らします。
最終的には
選挙で大番狂わせが起こり
それまで全く有力視されていなかった河合君が、
最多の三票を獲得して王に就任し、幕を閉じました。

終了後ネタばらしをすると
投票したのは女子三名全員。
まさに、一見穏やかで優しげな一番年下の河合君を、偽王に奉り上げてやるぜという
女子全員の思惑が透けて見える、なんだかリアルに怖い結果でした。

写真は、稽古場での暫定的王座。
脚本上、主に萩原君が座っていますが、
実際の現場で一番王様ぽい人は
演出家でも劇団代表でも最年長の方でもなく
劇団飛び道具から客演にいらして頂いている藤原さんです。
結構暴君ぽい。
ちなみに、一番虐げられている人は、
同じく劇団飛び道具から客演にいらして頂いている平野さんです。
藤原さんの学生時代からの先輩であらせられます。
[PR]

by wanpa-blog | 2008-11-22 23:46 | 山本麻貴

只今先行割引期間です!   

c0144613_0272877.jpg
この一週間を軽く振り返ってみたいと思います
毎回写真を撮りわすれますが、
今回は大丈夫です。

今回は五條楽園歌舞練場にあわせて、
稽古場を広く使っての稽古です
稽古も順調に進んでおります
久しぶりに汗をかいたりすることもあります

そして…
只今先行予約受付中です!
2800円が300円お得な2500円に!
もともとお得な2500円の回は、
なんと2200円に!
11月22日までです!

この機会に是非!
みなさまのご来場を切にお待ちしております
よろしくお願いします!!

c0144613_0464545.jpg

先日は、
稽古が終わって着替えてから
なぜか皆輪になって談笑してました

なんだか帰りたくない雰囲気で
そのまま皆は飲みに行きました
わたしは帰りました



翌日は、皆が着替え終わってから、
私は、今日着てきた私服がない!と騒いで軽く20分くらい探しました
稽古場どんなけ広いねんという話ですが
岩間さんと萩原君と高杉あごうが一緒に探してくれました
ほかの人は帰りました
この四人とだけ、今度飲みに行こうと思います
[PR]

by wanpa-blog | 2008-11-15 23:59 | 山本麻貴

呪をかける稽古   

例の漢字の稽古(漢字のなりたちにまでテキストを解体して再構築!そんな畏れ多くも観ている方にはなんだかよくわからないであろう表現を手に入れる野望を実現すべく為かどうかわかりませんが、漢字が一字書かれた面を被りその一字に秘められた何かだけを特化し抽出して増大させた表現でもって脚本を読む稽古)の第三弾は、
”他人から一字貰う”でした。
誰かが、誰かに一文字つけてやるのです。

私は、信平エステベスさんから『豹』という字を貰いました。
動物の意ではなく、”豹変”の”豹”だと説明を受けました。
かわりに私は、信平さんに『開』を差し上げました。

岩間さんは、萩原君から『鬼』を貰って
萩原君に、『重』を。

真野さんは、金本から『真』を、
代わりに金本に『迷』を。

高杉は、河合に『醒』を、

河合から高杉には『祭』を。

この『祭』は、”祭りを見たことがないけど祭りにむっちゃ行きたい感じっす”
というようなよくわからない説明がついてたそうですが、
高杉はほんとそんな感じでした。


とにかく、
まさに呪をかけるようなものです。


そんな呪をかけたり、かけられたりの怖そうな稽古の様子は、
また写真を撮り忘れてお見せできません…
ごめんなさい、本番を是非!
[PR]

by wanpa-blog | 2008-11-08 23:46 | 山本麻貴